Let's enjoy the single life.

自由気ままに生きるのさ。

見栄とプライドのクレジットカード。

三井住友VISAゴールドカをードを持っている。

ずいぶん前だが、吉祥寺の無印良品でのこと。私の前に並んでいたモデル風の女性がJCBゴールドで会計をするのを見て「カッコいい、、、」と思ってしまった。
『いつかはゴールド』
そして30才になったらゴールドになる若者向けカードを作ったが、いざ30才を迎えるとき、年会費10,000円に躊躇。年会費無料のカードに変えたのだった。。。

それからもずっと夢に見ていた。


やっと手に入れたゴールドカード。


最近、マイルを貯めるためにAMEXのスカイ・トラベラー・カードを申し込んだ。
マイラーにとって賛否のあるカードだが、熟慮の結果、私にはANAカードよりAMEXの方があっていると、スカイ・トラベラー・カードを選択。

VISA、AMEXともに年会費は10,800円。VISAはweb明細などでその半分ほどに割引。
もともとVISAゴールドは、私にとって年会費にみあったサービスはない、とわかっていた。純粋に見栄で申込み。4~5,000円程の年会費なら許容範囲。

マイルを貯めて旅行に行くのはあと何年くらい続けるか?AMEXとVISAゴールド、両方の年会費15,000円を払い続ける?仕事を辞めたら5,000円の年会費も苦しくなるかもしれない。VISAゴールド退会?


しかし国内では銀行系VISAゴールドのステータスは高い。


見栄とプライドだけで必要以上のお金を払うのは貧乏人の典型。
ブランド大好き人間と同じ「見栄っ張り貧乏」。

ビル・ゲイツウォーレン・バフェットもAMEXグリーンだそうだ。年会費12,000円。経費で年会費を支払うため、受けられるサービス以上に年会費の高いプラチナ以上のカードの申込みをしない会社経営者も多いらしい。

金持ちは価値のあるものにしかお金を出さない。

だけどねぇ、そういう金持ちはカードのステータスで判断される必要がない、それ以上のものを持っているからなんだよ。
カードグレードで判断されることは「価値」ではない人たちなのだ。

カードステータスで判断してもらいたい、というか、判断してもらう必要がある庶民は、やはり年会費を払ってもゴールドカードを持ちたいのだ。